最新ブログ


2017/09/23(土) 秋分の日(彼岸の中日)

先祖のお墓参りといっても、
亡き祖母は小さい時に会ったきりで、
顔も覚えていない。
お墓も佐賀県武雄市で遠い。

先祖あっての自分、せめて今日は
花を飾ろう。

お世話になった方々もたくさん
他界されている。
目を閉じて、お一人お一人の顔を浮かべて
「元気です!」と言おう。


2017/09/20(水) 秋のお彼岸

いつもの小道に、彼岸花が咲いた。





     昨日までなんにも無かったのに、
     今日はずらりと並んでる。
      彼岸花は不思議な花。



    葉見ず花見ず(はみずはなみず)と言うけど、
    ほんと、葉がない。
     花が咲き終わると葉が出てくる。



彼岸花が咲くと秋のお彼岸。
今年は、今日から26日の彼岸明けまで。

今日はおはぎを食べなくちゃ。



2017/09/12(火) 夕焼け小焼け


夕焼けにとんぼ

この光景に、いつの間にか、
♪夕焼け小焼けで日が暮れて~♪
と口ずさんでいた。続けて
♪夕焼け小焼けの赤とんぼ~♪
メドレーでいった。

なんとなくセンチメンタリック、
と言えば様になるが、どうも、
熱燗におでん、とか・・・
なんだか昭和おやじ的思考。



2017/09/08(金) 震度4

14時20分、
けたたましい雉(キジ)の鳴き声とともに、
ゴロゴロゴロと揺れる。
本棚もユッサユッサ、大きな横揺れ。
うん? 長い!

「下、下、」
とゆうさんの掛け声で、みんな、机の下に身を隠した。
経験しているだけに、身のこなしが軽い。

やっぱり、地震は怖い。
忘れかけたころにやってくる。

ほんと、いつくるかわからない。


2017/09/02(土) 秋めく

今朝はひんやり。

朝食の最中、なんだが外が賑やか。

「もう~朝かるヒヤヒヤして長袖ば出したばい」
「ほんなこつ、なんさま、いっぺんにひえちきたな~」

どうやら朝散歩のご婦人の立ち話。

締め切った窓もなんのその、話の内容が
そのまま伝わってくる。
で、こちらも、つい相づち、
「ほんと~今朝は寒かった~」

なんと、のどかな・・・と思う。


天高く・・・ほんとうに空が高い


    木々もそれなりに


たわわに実った柿の実



そば畑も一斉に芽吹く





憂いを帯びた後ろ姿



「うん? にゃにか?」


※朝散歩のご婦人の立ち話 標準語訳
「今朝はとても寒くて、長袖を出して着ました。」
「ほんと、何しろ急に寒くなってきましたね~」