2016/08/07(日) 甲子園

2016年8月

夏の全国高校野球大会が甲子園球場で始まった。

7月30日のブログに書いていたが、
開会式で熊本の高校生が入場行進の先導と始球式を務める。

   テレビの前で準備万端。間もなく開会式。


   何だか、親にでもなったようなハラハラドキドキ感。

               「選手入場!」
   おー 来た来た。

熊本県立東稜高校野球部の山門憲司主将が胸を張り、手を振り、
実に堂々と歩いてくる。
山門君の先導で全国49の代表校が行進してきた。

みんな、うれしいだろうな~ 
ほんと、胸が熱くなる。

いよいよ、開幕の始球式。
熊本県立阿蘇中央高校野球部の倉岡真聖主将が投げる。
ゆっくりでいいのよ、しっかり踏みしめて、甲子園で投げる時間を
ゆっくり楽しんで・・・とか無理なこと言いながら
声援を送る。

速い球! 130㌔も出てる。

いるんだろうな~ ここに来れなかったけど実力ある選手が
いっぱいいるんだろうな

そんな選手たちの思いや、熊本で被災した人たちの思いを白球に
込めて投げた。

立派です!
元気を感じさせてくれる勇姿でした。

きっと避難所や仮設住宅の人たちも、熊本のみんなが見てますよ。