最新ブログ


2021/1/26(火) やっとゼロ

球磨川やその支流で氾濫が発生し、甚大な被害を
もたらした令和2年7月豪雨災害の避難者が、昨日
やっとゼロになった。
ピーク時は27市町村が212カ所の避難所を開設、
2512人の被災者が入居していた。

ただ、ゼロになったとはいえ、今も約4千人が
仮設住宅などで仮住まいを強いられている。

最近はコロナ一色で、被災地への関心も薄れていたが、
熊本豪雨の復旧はまだ続いている。
一日も早く安心して暮らせる日がくることを心から
お祈りします。

「令和2年7月豪雨」被災状況     

熊本豪雨の主な被害状況 (県集約分) 
■死者65人
■行方不明2人
■住宅被害
 〇全壊1490棟
 〇半壊3092棟
 〇床上浸水329棟
 〇床下浸水561棟
■避難所 0人
■仮設住宅
 〇建設型 760戸(1851人)
 〇借り上げ型みなし 780戸(1862人)
 〇公営住宅など 251戸(502人)




2021/1/17(日) 阪神・淡路大震災から26年

1995年(平成7年)の1月17日、5時46分52秒 
阪神・淡路大震災の発生から26年となった。

6434人の尊い命が犠牲となり、地震の怖さを
まざまざと見せつけられた。

その21年後に、
自分がその怖さを体験することになろうとは
夢にも思わなかった。

地震は時、場所を選ばない。
そのとき人は、なす術もなく怯えるだけ。

だからこそ、事前の準備は怠ってはいけない。

コロナも同じこと、出来る限りの防御策を
とるためには、これまでの生活スタイルを
変えることも必要。


2021/1/1(金) 元 旦

すがしい朝。

車の音もなく、人影もなく、
猫のトラちゃんが久しぶりに庭を歩いている。
その足音さえ聞こえそうな静けさ。

振り返ると台所は湯気と水道の音。
ゆうさんが夜明けから作ってくれたお正月の膳。



穏やかに迎えた元旦。

先のことは考えず、
つつましく今日を大切に生きていきたい。



2020/12/20(日) サプライズ花火

昨夜、娘がやってきた。
住まいは近所だが、忙しそうでなかなか来ない。
久しぶりに家族3人でお鍋。
鍋をつつきながら、お喋りの最中、外のほうから
突然ドーン、ドーンと迫力ある音が聞こえてきた。

「花火みたいな音だね~」
「まさか、今頃、花火なんてあるわけないでしょ」
と、言いながらカーテンを開いてみると、
「うそっ」
「ほら花火でしょ」

・・・・

「なんで?」

大輪の花が冬の空を彩っている。
しかも、窓枠の真ん中にパッと花火が広がっている。
なんてきれい。
どうして、という疑問より、あまりの美しさに
ただ、うっとりと見入ってしまった。




今朝の新聞に昨夜の花火のことが載っていた。
八代市で7月豪雨、被災地の復興と新型コロナウイルスの
収束を願うサプライズ花火が打ち上げられたと。

じゃ、うちから見えた花火は?
ここは合志市。
ネットで調べているとTwitterに情報があった。

「東京エレクトロン九州は、医療従事者をはじめ
地域の皆様に応援と感謝の想いを込めて、本日19:30に
県内3カ所でサプライズ花火を打ち上げます!
・合志市 (電車の終点付近?)
・熊本市1 (動物たちも大興奮?)
・熊本市2 (新幹線駅近くの川?)
予想した会場の方向をぜひ見上げてみてください」

というものだった。

そうだったんだ。粋だな~。
本当にあたたかさが伝わったもの。
夏の花火とは違った感動を覚えた。

家族まで犠牲にして医療の現場に携わっている
すべての方々に、あらためて感謝しなければ。
「ありがとうございます。どうかお体にお気をつけて」



2020/11/2(月) 再開「おれんじ鉄道」

今年7月の豪雨被害で被災したおれんじ鉄道が、
約4カ月ぶりに全線での運行を再開した。

きのう始発時間午前5時47分の八代駅は、県内外から
多くの鉄道フンで賑わい、7人の乗客を乗せた電車を
歓声と拍手で見送った。
満席ではなく7人の乗客というのがいい。

この日を待ちわびた、本当に必要としていた人たち
かも知れない。
再開したもう一つの駅、佐敷駅にも地元の保育園児や
住民ら約300人が集まって記念列車を見送ったそうだ。

地元の人たちが地元の電車の再開を、ほんとうに心から
喜んでいるのが伝わってくる。
人吉市など、まだまだたくさんの人々が避難所生活を
送っているが、おれんじ鉄道の全面運行再開は、
被災者の皆さんを明るく、勇気づけたのではないだろうか。

時間とともに少しづつ、確実に復興は進んでいる。

「令和2年7月豪雨」被災状況      

■熊本豪雨の主な被害状況
(11月1日現在、県集約分)
〇死者65人
〇行方不明2人

■住宅被害
〇全壊1470棟
〇半壊3023棟
〇床上浸水1519棟
〇床下浸水1144棟
〇一部損壊1719棟
〇避難所367人

■仮設住宅
〇建設型292戸(759人)
〇借り上げ型みなし229戸(603人)
〇公営住宅など254戸(533人)
(熊本日日新聞11月2日朝刊より)
 



2020/10/14(水) 秋の香

秋の色に、秋だなぁーと感じる。


蕎麦畑は静かな白色、風に揺れるさまもおしとやか。



どうだ!と言わんばかりの、懐かしき黄金色。



どこか寂し気でありながら、可憐の中に一途さを秘めている



柿の葉の渋い色合いに、心奪われる。



空を見上げる秋向日葵、曲がった背中を伸ばしてくれそう。



暑くもなく寒くもなく、蝶の羽休め。

ちょっと散歩しただけで、秋の色と香に心緩む、
秋真っ盛り。

「令和2年7月豪雨」被災状況      

■熊本豪雨の主な被害状況
(10月13日現在、県集約分)
〇死者65人
〇行方不明2人

■住宅被害
〇全壊1470棟
〇半壊3023棟
〇床上浸水1519棟
〇床下浸水1144棟
〇一部損壊1719棟
〇避難所701人

■仮設住宅
〇建設型292戸(759人)
〇借り上げ型みなし229戸(603人)
〇公営住宅など254戸(533人)
(熊本日日新聞10月13日朝刊より)
 


2020/10/4(日) 熊本豪雨から3カ月

7月の豪雨災害から3カ月。

今も県内で369世帯701人が避難所生活を
送っている。

避難者の市町村別内訳は、
人吉市386人(200世帯)
球磨村255人(135世帯)
八代市42人(28世帯)
芦北町15人(5世帯)
あさぎり町3人(1世帯)

被災者は、被災して再開できない学校の教室や
体育館などに身を寄せている。

被災者のうち、応急仮設住宅や公営住宅に入居
できたのは9月25日時点で、19市町村
1895人(775世帯)。引き続き仮設住宅や
公営住宅の整備が進んではいるが、すべての人が
安心して暮らせるにはまだまだ時間がかかりそう。

「令和2年7月豪雨」被災状況      

■熊本豪雨の主な被害状況
(10月3日現在、県集約分)
〇死者65人
〇行方不明2人

■住宅被害
〇全壊1470棟
〇半壊3023棟
〇床上浸水1519棟
〇床下浸水1144棟
〇一部損壊1719棟
〇避難所701人

■仮設住宅
〇建設型292戸(759人)
〇借り上げ型みなし229戸(603人)
〇公営住宅など254戸(533人)
(熊本日日新聞10月3日朝刊より)
 


2020/9/27(日) 正代関おめでとう!


待ってました。
2度も優勝目前で不覚をとった正代なので
きょうの千秋楽、応援している方が緊張した。
地元の人たちも多分そうだったろう。

勝った瞬間、テレビの前で大喜び。

今場所は強かった。
慌てず、落ち着いて、ここだ、というところで
力を発揮していた。
横綱が2人ともいなかった場所、とかは言わせない。
勝負は勝負。
文句なしの立派な優勝。

熊本出身の力士で優勝は初めて。
おそらく、大関に推挙されるだろう。
大関昇進となれば1962年(昭和37年)に
牛深出身の栃光関以来2人目だそう。

正代関、ほんとうにおめでとうございます!

ゆうさんは朝から落ち着かなかった。
決まった瞬間、
「きょうは祝杯バイ!」、とさっさと帰った。

熊本県 新型コロナ状況
(26日現在)
■新型コロナウイルス熊本県内感染者   
 計571人(うち熊本市256人)
 ※熊本市の感染確認は11日連続ゼロ。


2020/9/22(火) 秋分の日


敬老の日や秋分の日ともなると、
熊本のどこかで運動会やお祭りがあったのに、
静かだな~。
近くのグラウンドからも何も聞こてこない。
いつもの秋とは違う、侘しさを感じる。

そうか、
運動会やお祭りの場で、早生みかんの香りや、
栗や柿の姿が「秋」の訪れを教えてくれて
いたんだものな~。

庭に彼岸花が咲いた。
阿蘇の産山村にあるヒゴダイ公園では
約30万本のコスモスが咲いている。

やっぱり・・・秋

熊本県 新型コロナ状況
(21日現在)
■新型コロナウイルス熊本県内感染者   
計570人(うち熊本市256人)

「令和2年7月豪雨」被災状況      

■熊本豪雨の主な被害状況
(9月21日 午後7時現在、県集約分)
〇死者65人
〇行方不明2人

■住宅被害
〇全壊1473棟
〇半壊3202棟
〇床上浸水1550棟
〇床下浸水1199棟
〇一部損壊1480棟
〇避難   851人
(熊本日日新聞9月22日朝刊より)