最新ブログ


2018/1/17(水) 阪神淡路大震災から23年

1995年(平成7年)1月17日(火)午前5時46分。

あの日、いつものように5時に起きて、
いつものように朝食を食べながらテレビを見ていた。

関西で大きな地震があったというニュース速報が流れる。
それから、次々に現地の様子が写し出された。
大きな建物が崩壊、あちこちから煙が立ち昇り、
みるみるうちに火の海となっていく。
それは息を呑むほどのすさまじい惨状であった。
もしや熊本も・・・ このまま日本が壊れてしまう・・・。
そんな恐怖心さえ抱かせる光景だった。
産休で休んでいた私は、一日中食い入るようにテレビを
見続けていたことを覚えている。

あれから・・・
2011年に東日本大震災が起き、
2016年には自らが熊本地震を体験し、
地震はいつ起きても不思議ではない、
地震は必ず起きるものと学習した。

23年前のあの日は夫の誕生日だった。
あの年に誕生した長男は今や23歳で社会人。

家族みんな普通に暮らしていることに
感謝しなければならない。
いくつもの地震で多くの人々が亡くなり、
今なお負傷の治療や仮住まいを余儀なくされている
人たちがたくさんいることも忘れてはならない。

あれから、23年(8402日)、いろんなことが思い出される。


2018/1/15(月) 小正月

今日は小正月(こしょうがつ)。
幼少のころは、「女正月」と言い、
近所の婦人会やお隣同士のおばちゃんたちが
集まって宴会を開いていた。

女は年末のお掃除や大晦日のお節料理を
作ったりで、大忙し。
やっと落ち着くのが小正月と言われ、
この日ばかりは男衆にじゃまされることなく、
食べて喋ってのひとときを過ごす習慣があった。
うさ晴らしもあったのかも知れない。

今は・・・う~ん聞いたことがない。

どんどやも昨日の日曜日でほとんど終わった。
なんだか、さびしい小正月。


2018/1/13(土) どんどや

地元の合志市社会福祉協議会からのお誘いで
同会主催の「どんどや」に出かけた。

正月飾りや書初めなどを燃やす「どんど焼き」のことを、
熊本では「どんどや」と呼ぶ。
本来ならば小正月の15日の行事だが、13日の土曜日が
集まりやすいということから二日早い開催になったようだ。

午前10時半、場所の田んぼには竹で作ったやぐら、
それを遠巻きに見物の人々が。


社協の管理施設、「ふれあい館」「老人憩の家」「みどり館」
「福祉会館」「南ヶ丘福祉支援センター輝き館・ひかり」
「障がい者支援センター・れんがの家」から通所者や職員、
地域の人々が大勢集まっていた。
もう、10年以上の恒例行事とか。

バチバチと威勢よく火が巻き上がる。
職員によるぜんざいや焼き餅の振る舞い。
どんどやを見ながら、みんなで食べるぜんざいの味は格別。

合志市社会福祉協議会のHPはこちら


2018/1/12(金) 寒波到来

昨日の朝、
カーテンを開くと、なんと銀世界!

北国のそれとは比較にならないが、
熊本人にとっては驚きの光景。

熊本市内で午前中最大3センチの積雪。
天草でも大雪。
気温は平年より、およそ9度~5度も低く、
阿蘇の高森町では最高気温が氷点下2.9度。
阿蘇地方の各所で真冬日を記録したようだ。

今日は朝から晴れたり曇ったり。
いま、晴れなのに、ぼたん雪が舞っている。


2018/1/4(木) 仕事始め

とても寒く、とてもすがすがしい朝礼。

それぞれの家族も健やかに新年を迎えた由、
なんだか、いい気分の初日。

地震の被災地や、観光地周辺なども
復旧が進み、新たな施設の建築も
公表されている。
前へ前へ、
たとえスローペースでも、
前進するって、
とてもワクワクする。


2018/1/1(月) 新年のご挨拶



今も気に留めていただき、このホームページを
ご覧くださっていることに大変感謝しております。

元気でいることをお知らせしようと、日記を
書くことにしたのですが、文章が苦手で
飛び飛びになってしまい、すみません。

これからも、プレッシャーを感じないように書きたいときに、
自分の言葉で記してまいりたいと思います。

「どうしてるかな?」と、気が向いたときに、
覗いていただければ嬉しいです。

どうぞ、ご健康で佳き年でありますようお祈り申し上げます。  
                           白井のり子