2016/08/18(木) 「秀岳館」勝つ! 準決勝進出

2016年8月

10時8分 常総学院(茨城)1-4秀岳館 (熊本)
甲子園12日目、準々決勝の第1試合、常総学院(茨城)と対戦。
本塁打で先制した秀岳館が継投で守り勝ち、準決勝進出を決めた。

野球には流れというものがあるが、終始、秀岳館にツキがあった。

相手校の常総学院は優勝候補の履正社(大阪)を7-4で破った強豪校。
相手のエラーなどで運よく2点を追加したが、9回表、常総学院の
攻撃に入るときは、3点くらいのリードでは絶対に危ない!

ハラハラドギドキで観ていたが、案の定、満塁。
甲子園のイメージはだいだいこのシーンでは連打連打で同点、
そして逆転というパターンが多い。
もう、なんか「まな板の鯉」の心中で応援。
ところが、投手交代などで替わりかけそうになった「流れ」を
逃さず踏ん張った。
勝った~!

組み合わせ抽選のくじ運から、なんだかツイている。
甲子園は実力はさることながら、このツキは不可欠だと思う。

次は準決勝!