熊本地震関連のニュースからピックアップ -2019年8月-

熊本地震関連ニュースピックアップは、熊本日日新聞の記事より抜粋しています。

2019年8月1日(木) 熊本地震1205日目

■みなし仮設住宅で70代男性「孤独死」
県は31日、熊本市の借り上げ型みなし仮設住宅で今年6月、同市の70代男性が誰にもみとられずに亡くなったと発表した。仮住まいしている熊本地震の被災者の「孤独死」確認は31人(公営住宅、特定優良賃貸住宅各1人含む)になった。

2019年8月2日(金) 熊本地震1206日目

■俵山大橋 明日開通
国土交通省熊本復興事務所は1日、熊本地震で被災し、架け替え工事を進めていた県道高森線・俵山ルート(西原村小森―南阿蘇村河陰)の俵山大橋(片側一車線、延長265㍍)が、3日午前9時に全面開通すると発表した。

2019年8月14日(水) 熊本地震1218日目

■仮設入居1万人切る
県は13日、熊本地震で仮設住宅などで仮住まいを続ける被災者が、7月地時点で8968人(3926世帯)だったと発表した。2016年4月の震災から約3年4カ月で、初めて1万人を切った。ピークだった17年5月末の4万7800人(2万255世帯)に比べ、8割以上減少したが、依然として住まい再建のめどが立たない人もいる。

2019年8月20日(火) 熊本地震1224日目

■震災関連死 新たに2人
宇城市と南阿蘇市村は19日、熊本地震後に死亡した各1人を、新たに震災関連死に認定したと発表した。ともに7日付。県全体で217人となった。直接死50人と大雨による二次災害死5人を含めた県内の犠牲者は272人。