熊本地震関連のニュースからピックアップ -2017年8月-

熊本地震関連ニュースピックアップは、熊本日日新聞の記事より抜粋しています。

8月1日(火) 熊本地震475日目

■みなし仮設で孤独死
県は21日、熊本地震で整備された仮設住宅での「孤独死」調査で、新たに熊本市の借り上げ型みなし仮設住宅に住んでいた60代の男性1人が、誰にもみとられずに亡くなっていたと発表した。仮設住宅で孤独死が確認されたのは8人目(うち1人は建設型の仮設住宅)。県と市によると、男性は同市のアパートで1人暮らし。男性の知人が「最近姿を見ていない」と警察に通報し、5月23日、室内で死亡しているのが発見された。

■仮設入居者の情報提供 熊本市見守り活動強化へ
熊本市は1日、熊本地震で被災した仮設住宅入居者の見守り活動を強化するため、市民生委員児童委員協議会と市高齢者支援センターささえりあに対し、入居者の情報提供を始める。支援が必要な世帯へ訪問してもらい、きめ細かな支援につなげる。同市には他市町村からの転居者も含め仮設住宅入居者が約1万1世帯に上り、市が全5区に設置した「地域支えあいセンター」が、看護師計40人体制で見守り活動を続けている。

8月3日(木) 熊本地震477日目

■震災関連死に70代男性認定 御船町
御船町は2日、70代男性を熊本地震の震災関連死に認定したと発表した。関連死は同町で9人、県内では186人となった。直接50人と大雨による二次災害死5人を含めた犠牲者は241人。

8月4日(金) 熊本地震478日目

■震災関連死3人認定 熊本市
熊本市は3日、熊本地震後に死亡した男女3人を震災関連死に認定したと発表した。うち1人は自殺。県内の関連死は189人(熊本市69人)で、直接死50人と大雨による二次災害死5人を含めた犠牲者は244人になった。