熊本地震関連のニュースからピックアップ -2017年10月-


熊本地震関連ニュースピックアップは、熊本日日新聞の記事より抜粋しています。

10月1日(日) 熊本地震536日目

■立野 長期避難「31日解除」
南阿蘇村の吉良清一村長は30日、熊本地震の影響で立野地区の357世帯が認定されている「長期避難世帯」について、「10月31日に解除する」と正式に表明した。解除されれば認定から1年ぶり。住民は地区内で自宅を再建できるようになる。吉良村長は「立野が元に戻るための大きな前進」と述べた。

10月2日(月) 熊本地震537日目

■阿蘇火山博物館 全面再開 火口カメラ 来夏復旧へ
熊本地震で被災し、仮営業を続けてきた阿蘇市の阿蘇火山博物館は1日、営業を全面再開した。売店コーナーを新装し、カフェショップを開設。阿蘇山上の中核施設が〝本格復帰〟し、観光客の回復に弾みがつきそうだ。

10月3日(火) 熊本地震538日目

■仮設入居 1年延長可能に 個別に事情判断
熊本地震で県が整備した仮設住宅について、原則2年の入居期間の延長を可能にする政令の改正を、政府が6日にも閣議決定する方針を固めたことが2日、分かった。県は内閣府との協議が調い次第、やむを得ない事情で住まい再建が困難な被災者について個別に1年間の期間延長を認める方針だ。

10月5日(木) 熊本地震540日目

■阿蘇登山道 南阿蘇側が開通
熊本地震による土砂崩れなどで通行止めになっていた県道阿蘇吉田線南阿蘇側ルートが4日、開通した。地震発生から1年半。
これで、阿蘇登山道の通行止めは県道阿蘇公園下野線約5キロのみとなった。県は本年度中に復旧するとしている。

10月9日(月) 熊本地震544日目

■益城屋台村 月内閉鎖へ 支援に感謝 最後の催し
10月中に閉鎖する益城町惣領の「ましき復興市場・屋台村」で8日、アマチュアバンドなどが演奏やダンスを披露するファイナルイベントがあり、大勢の来場者でにぎわった。全国からの支援に感謝の思いを伝えようと、店主らが企画。大型テント脇の野外ステージには「みんなに支えられた最高の1年4カ月 本当にありがとう」とのメッセージが掲げられ、県内外から駆けつけたアマチュアバンドやタレントらが歌やパフォーマンスを披露して盛り上げた。

10月14日(土) 熊本地震549日目

■熊本地震1年半 仮住まい なお4万4986人
熊本地震の発生から14日で1年半を迎えた。仮設住宅などで仮住まいを続ける被災者は9月末現在、県内外で合わせて4万4986人(1万9164世帯)に上る。県のまとめでは、入居のピークだった今年5月末の4万7800人(2万255世帯)と比べて2814人(5.9%)の減少にとどまり、恒久的な住まい確保が進んでいない現状が浮き彫りとなった。
建設業者不足のほか、被災宅地の復旧、災害公営住宅の整備が遅れていることなどが要因とみられる。県は、12日、こうした事情で住まい再建を進められない被災者について、仮設入居期間延長(1年)の対象に含める方針を示した。