熊本地震関連のニュースからピックアップ -2018年7月-


熊本地震関連ニュースピックアップは、熊本日日新聞の記事より抜粋しています。

7月2日(月) 熊本地震810日目

■菊池恵楓園 入所者癒しの場 解体
熊本地震で被災した国立ハンセン病療養所「菊池恵楓園」(合志市)内の菊池黎明(れいめい)教会堂は、信者の減少や高齢化で修理を断念し取り壊された。半世紀以上にわたり、差別や偏見にさらされた入所者の心を癒してきた場所が姿を消した。同教会発行の書籍「れいめい」によると、同園では1913年、入所者数人が洗礼を受けて、キリスト教徒になった。信者は100人以上に増え、全国の療養所で慈善活動をしていた好善社(東京)が52年、教会堂を建設。木造平屋で珍しい畳敷きだったという。2016年4月の熊本地震で壁に亀裂が入るなどの被害に遭い、園側が危険と判断して立ち入りを規制。信者が毎週行う礼拝は園内の別施設に移した。信者は園外も含めて約20人いるが、礼拝に通うのは数人。入所者の平均年齢は84歳を超え、高齢化も進む。「修理しても、教会の維持は難しい」という信者の意向を受け、園は今年2月に取り壊した。

7月3日(火) 熊本地震811日目

■益城町 復興住宅 申し込み開始 31日まで 20団地に680戸整備
益城町は2日、熊本地震で自宅を失い、自力再建が困難な被災者を対象にした災害公営住宅(復興住宅)の入居申請受け付けを開始した。既に仮申し込みをしていた世帯が順次申し込む。31日まで。町は6校区に20団地、計680戸を整備予定。入居希望者は団地の所在地や間取り、ペット可などの条件を確認したうえで申し込む。希望が多い住宅は、8月下旬以降に抽選を実施する。

7月7日(土) 熊本地震815日目

■復興住宅 入居始まる 県内トップ 西原村河原地区12戸
熊本地震で自宅を失い、自力での再建が困難な被災者の恒久的な住まいとなる西原村河原地区の災害公営住宅(復興住宅)の入居が6日、始まった。災害公営住宅への入居開始は県内で初めて。木造平屋一戸建ての12戸。村役場で鍵渡し式があり、入居が決まった10世帯のうち9世帯9人が出席した。