熊本地震関連のニュースからピックアップ -2019年2月-

熊本地震関連ニュースピックアップは、熊本日日新聞の記事より抜粋しています。

2月1日(金) 熊本地震1024日目

■熊本市 初の復興住宅
熊本市で初めての災害公営住宅(復興住宅)となる「塚原第二団地」が南区城南町に完成し、31日、現地で落成式があった。市が鉄筋2階建て5棟計20戸を整備。3月1日から熊本地震で被災した約30人が入居する。
市は塚原第二団地を含め、復興住宅を12月までに市内8カ所に計326戸整備する。

2月9日(土) 熊本地震1032日目

■申請期限 来年3月に延長
県は8日、熊本地震で被災した一部損壊世帯への義援金10万円の申請期限を、2020年3月末まで1年延長することを決めた。延長は18年度末に続き2度目。建設業者不足などで工事完了が遅れていることなどを考慮した。

2月14日(木) 熊本地震1037日目

■仮住まい2万人切る 建設型仮設 入居率5割に
県は13日、熊本地震で自宅が被災し、仮設住宅などに入居する被災者が、1月末現在で1万9193人(8474世帯)になったと発表した。14日で地震発生から2年10カ月。入居者数は2017年5月末の4万7800人をピークに減り続け、初めて2万人を下回った。

2月16日(土) 熊本地震1039日目

■南阿蘇村 初の復興住宅
熊本地震で大きな被害を受けた南阿蘇村で初めての災害公営住宅(復興住宅)となる「下西原第1団地」(28戸)が同村河陽に完成し、15日、落成式があった。16日から25世帯47人が順次入居する。

2月20日(水) 熊本地震1043日目

■5915万円を16市町村に配分
県は19日、熊本地震の被災者支援で県と日本赤十字社、共同募金会に寄せられた義援金の第32次配分として、16市町村に5915万円を送ると発表した。送金は22日の予定。配分額は熊本市3827万円、御船町625万円、八代市285万円など。新たに被害が確定した世帯向けで、被災者への支給額は県の基準を踏まえて市町村が決める。